天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

「高御座」が皇居に/来年10月の新天皇即位儀式備え

2018/09/26 09:53

 高御座のパーツを載せ、皇居に到着したトラック。後方は乾門=26日午前
 高御座のパーツを載せ、皇居に到着したトラック。後方は乾門=26日午前

 新天皇の即位を国内外に宣言する来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で使われる玉座「高御座」が26日午前、保管先の京都市の京都御所から皇居に陸路で搬送された。新皇后が使う「御帳台」も一緒に運ばれた。1990年11月に催された現在の天皇陛下の儀式以降使われておらず、宮内庁が修復作業を進め、2018年度中に完了を目指す。

 高御座は、天孫降臨神話に由来する造りとされ、陛下の即位の際は、憲法の政教分離原則に反するとの強い批判も出た。過激派によるゲリラを警戒し、陸上自衛隊のヘリコプターが極秘裏に空輸する厳戒態勢だった。今回は民間業者に陸送を依頼した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.