天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

米中が制裁関税第3弾を発動/「貿易戦争」長期化懸念強まる

2018/09/24 20:05

 中国旗と米国旗=16日、北京(AP=共同)
 中国旗と米国旗=16日、北京(AP=共同)

 米ジョージア州サバナの港にあるコンテナ=7月5日(AP=共同)
 米ジョージア州サバナの港にあるコンテナ=7月5日(AP=共同)

 【ニューヨーク、北京共同】トランプ米政権は24日午前0時(日本時間午後1時)すぎ、中国の知的財産権侵害に対抗し、2千億ドル(約22兆5千億円)相当の中国からの輸入品に10%の追加関税を課す制裁第3弾を発動した。日用品に対象が広がり、総額は輸入額のほぼ半分となる計2500億ドルに達した。中国も新たに600億ドル(約6兆6千億円)相当の米国からの輸入品に5%か10%の追加関税を課す措置の発動に踏み切った。

 世界1、2位の経済大国間の「貿易戦争」は拡大する一方で長期化懸念が強まっている。米個人消費や中国企業への悪影響は不可避で、世界経済の先行きに影を落とす。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.