天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

障害者雇用「名前貸して」と上司/元横浜家裁職員が証言

2018/09/23 16:32

 障害者雇用を巡り、23年前に横浜家裁で「名前を貸してほしい」と要請された藤川延雄さん
 障害者雇用を巡り、23年前に横浜家裁で「名前を貸してほしい」と要請された藤川延雄さん

 障害者雇用水増し問題に関連し、横浜家裁で事務官として勤務していた男性が23年前に当時の上司から「障害者として名前を貸してほしい」と要請された経験があると23日までの共同通信の取材に明らかにした。

 水増しは多くの中央省庁や裁判所、地方自治体などで発覚し、政府が原因究明を進めている。法定雇用率達成のため意図的に不正算入が行われていた可能性があることを示す証言と言えそうだ。

 強度の近視だった男性は、横浜家裁の経理係長だった1995年6月、上司の課長から「名前を貸してもらえませんか。体の不自由な人を何%か雇わなければならない」などと言われたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.