天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

改正、実現10年前に検討/旧優生保護法、「人道的に問題」

2018/09/23 16:30

 厚生労働省
 厚生労働省

 旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、旧厚生省が86年の時点で「人道的に問題」として法改正を検討し、88年には強制手術を廃止する「試論」も作成していたことが23日、厚生労働省が公表した資料で分かった。差別的条項を削除した法改正は96年。その10年前から所管の旧厚生省内で法の見直しが提案されていたのに、すぐには改正が実現せず、その後も不妊手術が行われていた。

 公表された資料の一つは「優生保護法の改正について」と題するもの。86年10月に当時の精神保健課の職員が作成し、表紙には「取り扱い注意」と書かれていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.