天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

司法副長官が米大統領解任画策か/昨年5月ごろ、秘密録音も提案

2018/09/22 06:44

 ローゼンスタイン米司法副長官(ロイター=共同)
 ローゼンスタイン米司法副長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米主要メディアは21日、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月ごろ、合衆国憲法修正25条に基づきトランプ大統領を事実上解任するため閣僚らの会合を開くことを画策していたと報じた。政権内の混乱を明らかにするため、自らトランプ氏の会話を秘密裏に録音することも司法省高官らに提案していたという。複数の関係者の話としている。

 ローゼンスタイン氏はロシア疑惑捜査を指揮するモラー特別検察官を監督する立場にある。捜査に不満を強めるトランプ氏はローゼンスタイン氏をたびたび非難している。ローゼンスタイン氏は「不正確で間違っている」と報道否定のコメントを出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.