天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

WADA、ロシアの資格停止解除/ドーピング問題、データ提供条件

2018/09/21 01:49

 モスクワにあるロシア反ドーピング機関(RUSADA)のオフィス=20日(ロイター=共同)
 モスクワにあるロシア反ドーピング機関(RUSADA)のオフィス=20日(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は20日、セーシェルで理事会を開き、国ぐるみのドーピング問題で、資格停止処分を受けていたロシア反ドーピング機関(RUSADA)が資格回復の条件を満たしたとして処分の解除を発表した。

 ただし、モスクワの検査所が保管する検体やデータの提供を年内にできなければ、再度資格停止とする条件が付いた。処分解除についての投票結果は、賛成9、反対2、棄権1だった。

 RUSADAの再認定は、ロシア陸連などに対する処分解除の重要な判断材料となり、ロシア選手団の2020年東京五輪・パラリンピック出場にも前進となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.