天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

ア大会、陸上で小池と山本が優勝/スケボは10代が金三つ

2018/08/30 00:03

 男子200メートル決勝 20秒23をマークし優勝した小池祐貴(手前右)。同左は2位の台湾選手=ジャカルタ(共同)
 男子200メートル決勝 20秒23をマークし優勝した小池祐貴(手前右)。同左は2位の台湾選手=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第12日(29日)陸上男子で200メートルの小池祐貴と棒高跳びの山本聖途が勝ち、ともに日本勢3大会ぶりの金メダルを獲得した。

 スケートボードで、パーク男子の笹岡建介と女子の四十住さくら、男子ストリートの池慧野巨の10代3人が優勝した。

 柔道は女子52キロ級の角田夏実が金メダル。

 サッカー男子の日本は準決勝でアラブ首長国連邦(UAE)を1―0で下し、韓国との決勝に進んだ。

 自転車女子オムニアムで梶原悠未が優勝。ソフトテニス女子の高橋乃綾が日本選手のシングルス初優勝。パラグライディングの男子クロスカントリー団体で日本が優勝した。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.