天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

残業220時間いわき市職員自殺/公務災害認定を請求

2018/08/23 18:43

 福島県いわき市で課税業務を担当していた20代の男性職員が、月220時間を超える残業を強いられ2017年に自殺したとして、遺族が公務員の労災に当たる公務災害の認定を請求したことが23日、遺族側関係者への取材で分かった。地方公務員災害補償基金の県支部が審査する。

 残業時間は労災認定の一つの目安とされる月100時間の「過労死ライン」を大幅に超過。関係者によると、市では東日本大震災の津波被害からの復興や、東京電力福島第1原発事故の避難者の受け入れで住宅建設が増加。固定資産税関連の業務などで、大きな負荷がかかっていたという。

 男性は16年4月採用で財政部所属。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.