天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

豪雨でふるさと納税昨年の45倍/岡山県倉敷市と広島県呉市

2018/08/23 07:50

 岡山県高梁市役所の廊下に掲示された、ふるさと納税の寄付者からのメッセージ
 岡山県高梁市役所の廊下に掲示された、ふるさと納税の寄付者からのメッセージ

 西日本豪雨で甚大な浸水被害に見舞われた岡山県倉敷市で、7月のふるさと納税による寄付の申込額が、昨年同月比で約45倍の1億1978万円となったことが23日、市への取材で分かった。広島県呉市では既に受領した寄付額が約45倍の約9千万円に上るなど、被災した自治体で軒並み増加。支援の輪が広がっている。

 倉敷市によると、昨年7月のふるさと納税の申込額は268万円だったが、今年7月は1億1978万円。このうち7割以上の8627万円が、返礼品のない「災害復興支援金」だった。県外の計5市町を通じ、8月上旬までに寄せられた申込額も含めると、総額約3億1千万円に上る見通し。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.