天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

7月の熱中症、最多の5万4千人/死者133人も最多

2018/08/22 17:10

 国内観測史上最高の気温「41・1度」を表示する埼玉県熊谷市内の温度計=7月23日
 国内観測史上最高の気温「41・1度」を表示する埼玉県熊谷市内の温度計=7月23日

 総務省消防庁は22日、記録的な猛暑に見舞われた7月に熱中症で救急搬送されたのは全国で5万4220人、死者は133人だったとの確定値を発表した。統計を開始した2008年以降の月別の最多はこれまで、搬送者が10年8月の2万8448人、死者が同年7月の95人で、いずれも大きく上回った。

 今年の累計搬送者数は7月が大きく膨らんだことで8月19日までに、既に8万人以上となり、過去最多だった13年の約5万9千人を超えている。消防庁は今後も気温が高く推移するとみて、エアコンの適切な利用や、小まめな水分補給などの予防策を呼び掛けている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.