天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

平昌五輪選手団が解団式/史上最多13個のメダル

2018/02/27 12:21

 平昌五輪日本選手団の帰国報告会で笑顔を見せるカーリング女子銅メダルの(左から)藤沢五月、吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、本橋麻里の各選手=27日午前、東京都港区
 平昌五輪日本選手団の帰国報告会で笑顔を見せるカーリング女子銅メダルの(左から)藤沢五月、吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、本橋麻里の各選手=27日午前、東京都港区

 平昌冬季五輪で史上最多13個のメダルを獲得した日本選手団が27日、東京都内で解団式を行った。選手団旗手で、ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(土屋ホーム)が斎藤泰雄団長を介して日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に団旗を返還し、斎藤団長が解団を宣言した。

 斎藤団長は「(メダル数の)記録更新は夏冬一体となって競技力向上に努めてきた結果」と話し、竹田会長は「1998年長野五輪を観戦し、出場を夢見た子どもたちが夢を実現させ、新たな記録を打ち立ててくれた。2020年東京五輪の代表選手の活躍につながると確信した」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.