天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

羽生が連覇、宇野は銀/日本選手団「金」1号

2018/02/17 14:09

 男子フリー 演技する羽生結弦=江陵(共同)
 男子フリー 演技する羽生結弦=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子で羽生結弦(23)=ANA=が優勝し、66年ぶりの2連覇を達成した。初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も2位になり、フィギュアで初めて複数の日本選手が同時に表彰台に立った。

 羽生は今大会の日本選手団の金メダル第1号で、日本の冬季五輪の「金」は通算11個となった。

 羽生は初出場の2014年ソチ五輪でフィギュア日本男子初の金メダルを獲得した。世界選手権を14、17年に制し、グランプリ・ファイナルは16年まで4連覇。ショートプログラム、フリー、合計の歴代最高得点を何度も塗り替え、世界をリードしてきた。昨年11月に右足首を痛めた影響で平昌五輪出場が危ぶまれたが、ピンチを乗り越え、再び栄冠に輝いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.