天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日本勢「金」1号へ羽生がフリー/フィギュア、宇野3位で逆転圏内

2018/02/16 22:25

 男子SPで4回転サルコーを決める羽生結弦の連続合成写真=江陵(共同)
 男子SPで4回転サルコーを決める羽生結弦の連続合成写真=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子は17日午前10時からフリーが行われる。66年ぶりの2連覇を狙う羽生結弦(23)=ANA=が16日のショートプログラム(SP)で自身の世界歴代最高得点に1・04点と迫る111・68点でトップに立ち、初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も104・17点で逆転圏内の3位。今大会の日本勢金メダル第1号の期待が高まる。

 元世界選手権覇者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が107・58点で2位、金博洋(中国)が103・32点で4位と、優勝争いは実力者による激戦。フリーは羽生が22番目、宇野は最終滑走で登場。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.