天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

五輪連覇へ、羽生がSP首位発進/第8日、フィギュア・宇野は3位

2018/02/16 14:51

 男子SPの演技を終え、胸に手を当てる羽生結弦=江陵(共同)
 男子SPの演技を終え、胸に手を当てる羽生結弦=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第8日の16日、注目のフィギュアスケートは男子ショートプログラム(SP)を行い、ソチ五輪に続く金メダルを狙う羽生結弦は111・68点で首位発進した。宇野昌磨は104・17点で3位。田中刑事は80・05点で20位。

 アルペンスキー女子回転は安藤麻が1回目で途中棄権した。スケルトン男子3回戦で高橋弘篤が22位、宮嶋克幸が26位。

 カーリングは男子1次リーグを実施した。日本代表のSC軽井沢クは夜にスイスと対戦する。

 午後にはノルディックスキー距離男子15キロフリーに吉田圭伸、夜にはジャンプの男子ラージヒル予選に葛西紀明ら4人が出場する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.