天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

東芝、5200億円の黒字に/車谷新会長、綱川社長続投

2018/02/14 13:37

 車谷暢昭氏
 車谷暢昭氏

 東芝は14日、2018年3月期連結純損益予想を上方修正し、従来の1100億円の赤字から5200億円の黒字になる見通しだと発表した。経営強化策として、元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭氏(60)が4月1日付で代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)に就く人事も発表した。綱川智社長(62)は続投し、新設する最高執行責任者(COO)を務める。

 黒字額は、11年3月期の1583億円を上回り7年ぶりに過去最高となる。業績の上方修正は、傘下にあった米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の関連債権の売却益や税負担軽減効果を反映した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.