天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

寒気流れ込み日本海側で大雪/強い冬型続く

2018/02/13 11:08

 雪の中、傘を差して除雪された歩道を通勤する人たち=13日午前、福井市
 雪の中、傘を差して除雪された歩道を通勤する人たち=13日午前、福井市

 上空の強い寒気の影響で、北日本から西日本では13日、日本海側を中心に大雪となった。気象庁は北日本を中心に強い冬型の気圧配置が続くとして、13日夜にかけて大雪への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、13日は、北日本や北陸の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く見込み。

 午前10時までの積雪は福井市108センチ、富山市84センチ、新潟市32センチ。また山形県大蔵村の肘折で432センチ、福井県越前市の武生で129センチなど、計4カ所の観測点で観測史上最大の積雪となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.