天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

将棋の羽生、初の永世7冠に王手/竜王戦で3勝目

2017/11/24 19:32

 羽生善治棋聖
 羽生善治棋聖

 将棋の第30期竜王戦7番勝負の第4局は23、24の両日、新潟県三条市で指され、挑戦者で後手の羽生善治棋聖(47)が104手で渡辺明竜王(33)を破り、3勝1敗でタイトル奪取にあと1勝に迫った。羽生棋聖は史上初となる「永世7冠」の達成に王手をかけた。

 羽生棋聖はこれまで、最多の六つ(名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)の永世称号の資格を獲得。竜王を奪取すれば通算7期目となり、永世竜王の資格を得て、永世称号の制度のある7タイトル全てを手にする。

 永世称号は各タイトル戦によって違うが、規定のタイトル数を獲得した棋士に与えられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.