天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

大相撲、大関高安が右脚痛め休場/かど番脱出も、2場所連続で

2017/11/24 13:24

 大関高安関
 大関高安関

 大相撲の西大関高安関(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が九州場所13日目の24日、日本相撲協会に「右内転筋筋損傷で3週程度の加療を要する」との診断書を提出して休場した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)によると、12日目の北勝富士戦で敗れた際に負傷した。2場所連続3度目の休場。

 高安関は11日目に勝ち越しを決め、初のかど番を脱出していた。13日目の対戦相手、大関豪栄道関は不戦勝で勝ち越しとなる。

 田子ノ浦親方は高安関から「相撲を取るのは厳しい」と申し出があったと明かし、「ここでけがが長引いて悪化したらいけない」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.