天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

大観の「白衣観音」百年ぶり発見/新たな手法を模索した人物画

2017/10/12 17:03

 制作中の横山大観(撮影年月日不明)
 制作中の横山大観(撮影年月日不明)

 近代日本画の巨匠、横山大観(1868〜1958年)の人物画「白衣観音」が、105年ぶりに見つかったと、東京国立近代美術館などが12日、東京都内で発表した。同館の鶴見主任研究員は「周囲から誹謗されていた『朦朧体』から脱する、新たな手法を模索していた過程が分かる貴重な作品」と話している。

 同館と京都国立近代美術館で来年開く「生誕150年 横山大観展」で公開される。

 「白衣観音」はインドの風俗を念頭に置いて描いたとみられる絹本着色の作品で、縦約140センチ、横約113センチ。1908年に制作され12年の大観画集に掲載されたが、その後所在が分からなくなっていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.