天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細
 
 

加熱総菜で女児は感染死か、前橋/店内「二次汚染の可能性」

2017/09/13 20:37

 O157感染による集団食中毒について記者会見する前橋市保健所の渡辺直行所長=13日午後、前橋市
 O157感染による集団食中毒について記者会見する前橋市保健所の渡辺直行所長=13日午後、前橋市

 埼玉、群馬両県の系列総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、前橋市は13日、死亡した東京都内の女児(3)が口にしたのは、タケノコやエビの炒め物、天ぷら、きんぴらごぼうの4種類で、いずれも加熱食品だったと明らかにした。

 これまでの調査で、店の従業員や調理場の設備からO157は検出されていない。市は「でりしゃす」の系列店が、客が大皿から取った総菜を量り売りする方式だったことから、トングの使い回しなどにより「調理後に店内で販売する段階で、別の総菜や客から菌が付着し、二次汚染が起きた可能性がある」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.