天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

五輪前半「80点」と高田総監督/金14個達成は厳しい見通し

2016/08/13 23:32

 記者会見で、リオ五輪前半戦を総括する日本選手団の高田裕司総監督=13日、リオデジャネイロ(共同)
 記者会見で、リオ五輪前半戦を総括する日本選手団の高田裕司総監督=13日、リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪日本選手団が13日、メインプレスセンターで前半戦を総括する記者会見を開き、高田裕司総監督は既に前回ロンドン五輪に並ぶ金7個を含む計24個のメダルを獲得したことに「中間会見の段階で金10個を目標としていたので少し足らないが、まずまずの結果。100点満点中、80点」と総括した。

 日本は柔道男子が全階級でメダルを獲得し、金は2個だった。同じくお家芸の体操や競泳の活躍も目立ったが、同監督は柔道と競泳でそれぞれ「あと1個金メダルが欲しかった」とし、目標とする金14個の達成は「ちょっと厳しいかなというのが現状」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.