天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日本、3大会ぶり団体金/体操・8日

2016/08/09 07:16

 男子団体総合で優勝を決め、金メダルを手に笑顔の(左から)山室光史、内村航平、田中佑典、白井健三、加藤凌平ら日本チーム=リオデジャネイロ(共同)
 男子団体総合で優勝を決め、金メダルを手に笑顔の(左から)山室光史、内村航平、田中佑典、白井健三、加藤凌平ら日本チーム=リオデジャネイロ(共同)

 男子団体総合決勝が行われ、予選4位の日本は合計274・094点で優勝し、2004年アテネ五輪以来3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した。ロシアが271・453点で2位に入り、3位だった00年シドニー五輪以来の表彰台となった。予選1位の中国は271・122点の3位。

 日本は1種目目のあん馬で山室光史(コナミスポーツ)が落下し、苦しいスタートとなった。しかし、最年少19歳の白井健三(日体大)が跳馬と床運動で高得点。唯一全6種目に出場したエース内村航平(コナミスポーツ)や、5種目出場の加藤凌平(コナミスポーツ)も安定した演技でチームを引っ張った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.