天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

難民五輪選手「希望の代表に」/リオで初結成

2016/07/31 09:16

 記者会見する「難民五輪選手団」競泳のユスラ・マルディニ選手=30日、リオデジャネイロ(共同)
 記者会見する「難民五輪選手団」競泳のユスラ・マルディニ選手=30日、リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】リオ五輪で初めて結成された「難民五輪選手団」のうち4選手が30日、メインプレスセンターで記者会見し、シリアからドイツに逃れた競泳女子のユスラ・マルディニ選手(18)は「世界にいる難民の代表、希望の代表として全力を尽くしたい」と力を込めて話した。

 国際オリンピック委員会(IOC)は五輪に出場できる可能性がありながら内戦などで祖国を追われた選手を支援し、10人が特別参加する。同じようにシリアからベルギーに渡った競泳男子のラミ・アニス選手(25)は「4年後の東京五輪は自国の代表として出場したい」と、母国の混乱の終結を願った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.