天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

バッハIOC会長「決断に自信」/責任放棄と厳しい批判も 

2016/07/25 09:48

 2014年2月、IOC総会で握手するバッハIOC会長(左)とロシアのプーチン大統領=ソチ(共同)
 2014年2月、IOC総会で握手するバッハIOC会長(左)とロシアのプーチン大統領=ソチ(共同)

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、国ぐるみのドーピングが発覚したロシアをリオデジャネイロ五輪から全面除外せず、条件をクリアした選手の出場を容認したことについて「最も厳しいハードルを設け、クリーンな選手個人が無実を証明できる正当な権利を考慮した。決断に自信を持っている」と述べた。電話記者会見で語った。これに対して欧米の関係者からは「責任放棄だ」などと厳しい批判が上がった。

 米国反ドーピング機関のタイガート委員長は「IOCは指導力を発揮することを避けた」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.