天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

名脇役、加藤武さんが死去/文学座代表、映画でも活躍

2015/08/01 20:09

 死去した加藤武さん
 死去した加藤武さん

 劇団文学座代表で、黒沢明監督の映画などで名脇役として活躍した俳優の加藤武(かとう・たけし)さんが7月31日夜、東京都内の病院で死去した。86歳。

 文学座によると、同日夕にスポーツジムのサウナで倒れ、病院に搬送されたという。

 早大卒業後、中学教諭を経て、1952年に文学座入り。こわもての風貌と愛嬌のある演技で、悪役や個性の強い役どころを務め、北村和夫さんとともに同座の中核俳優として活躍した。

 黒沢監督の「悪い奴ほどよく眠る」「乱」、今村昌平監督「豚と軍艦」、市川崑監督「犬神家の一族」など数多くの映画に出演。朗読劇や海外ドラマなどの吹き替えでも活躍した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.