天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

映画興収、4年ぶり2千億円台に/アナ雪けん引で回復

2015/01/27 17:15

 日本映画製作者連盟(映連)は27日、2014年の映画概況を発表した。大ヒットしたディズニーアニメ「アナと雪の女王」がけん引役となり、邦画と洋画を合わせた興行収入(興収)総額は前年比6・6%増の2070億円。4年ぶりの2千億円台で、東日本大震災前の水準に回復した。昨年4月の消費税増税の影響はみられなかった。

 興収総額のうち邦画が占める割合は58・3%で、洋画を7年連続で上回った。邦画の興収1、2位は山崎貴監督の2作品「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」で、いずれも興収80億円超。アニメは上位10本中6本を占めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.