天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日本代表が解散、憔悴の本田/長友は涙、ザック監督退任

2014/06/26 09:41

 記者会見を終え、涙を流しながら引き揚げる長友=25日、イトゥ(共同)
 記者会見を終え、涙を流しながら引き揚げる長友=25日、イトゥ(共同)

 【イトゥ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)で1次リーグ敗退が決まった日本代表が25日、拠点のイトゥで解散した。完敗したコロンビア戦から一夜明け、記者会見した本田圭佑(ACミラン)は「一番つらかったのは4年間正しいと思って貫いてきたことを、結果として否定せざるを得なかったこと」と憔悴した表情で話した。

 長友佑都(インテル・ミラノ)は「初戦の入り方が全てだった」と話し、感極まって涙を流した。選手の表情には疲労感と寂しさが漂った。

 ザッケローニ監督は退任を表明。日本サッカー協会の大仁邦弥会長は「4年後を目指し、きょうからスタートを切りたい」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.