天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

W杯開幕戦は初の日本審判団担当/ブラジル戦、西村主審ら

2014/06/11 09:18

 W杯ブラジル大会で開幕戦を担当する(左から)名木利幸副審、西村雄一主審、相楽亨副審=6日、リオデジャネイロ近郊(共同)
 W杯ブラジル大会で開幕戦を担当する(左から)名木利幸副審、西村雄一主審、相楽亨副審=6日、リオデジャネイロ近郊(共同)

 【サンパウロ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は10日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で12日午後5時(日本時間13日午前5時)から行われるブラジル―クロアチアの開幕戦の審判団が、西村雄一主審(42)と相楽亨(37)、名木利幸(42)の両副審で組む日本人トリオに決まったと発表した。日本人がW杯開幕戦を担当するのは初めて。

 西村主審と相楽副審は2010年のW杯南アフリカ大会では4試合を担当した。名木副審は今大会が初参加となる。

 西村主審は12年にアジア・サッカー連盟の最優秀主審に輝き、前回大会でオランダ―ブラジルの準々決勝などを任された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.