天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

ベネチア、宮崎監督の引退惜しむ/映画祭で「風立ちぬ」上映

2013/09/02 11:31

 ベネチア国際映画祭で宮崎駿監督の新作「風立ちぬ」が上映され、観客の拍手に応える滝本美織さん(左)とスタジオジブリの星野康二社長=1日、イタリア・ベネチア(共同)
 ベネチア国際映画祭で宮崎駿監督の新作「風立ちぬ」が上映され、観客の拍手に応える滝本美織さん(左)とスタジオジブリの星野康二社長=1日、イタリア・ベネチア(共同)

 【ベネチア共同】引退することが明らかになったアニメ映画監督の宮崎駿さん(72)の新作「風立ちぬ」が1日夜(日本時間2日未明)、イタリアで開催中の第70回ベネチア国際映画祭で公式上映され、来場した観客からは引退を惜しむ声が相次いだ。

 72歳のイタリア人男性は「まだまだ続けてもいいのでは」と、引退宣言の撤回に望みを託した。

 上映後、総立ちの観客からは約5分間の拍手。ヒロインの声を務めた女優の滝本美織さん(21)は、宮崎監督を思い浮かべながら観賞したといい、「監督に感謝の気持ちを伝えたいです」と話した。主要賞は7日、発表される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.