天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

韓国映画が初のベネチア金獅子賞/北野監督作品は受賞逃す

2012/09/09 06:27

 ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した韓国のキム・ギドク監督=ベネチア(ロイター=共同)
 ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した韓国のキム・ギドク監督=ベネチア(ロイター=共同)

 【ベネチア共同】イタリアで開催されていた第69回ベネチア国際映画祭の授賞式が8日(日本時間9日)開かれ、最高賞の金獅子賞にキム・ギドク監督の韓国映画「ピエタ」が選ばれた。韓国映画の同賞受賞は初めて。

 日本から出品された北野武監督の「アウトレイジ ビヨンド」は受賞を逃した。

 「ピエタ」は、無慈悲な手段で借金を取り立てる孤独な男と、彼の前に現れた母親と名乗る女の間で起こる激しい愛憎のドラマ。キム監督は2004年、同映画祭で監督賞(「うつせみ」)を受賞している。

 キム監督は授賞式で「アリラン」を歌って喜びを表現した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.