トヨタ博物館にクルマ文化資料室/自動車の模型、書籍が4千点

2019/04/16 17:58

 

 トヨタ博物館にオープンする「クルマ文化資料室」の展示=16日午後、愛知県長久手市

 トヨタ博物館にオープンする「クルマ文化資料室」の展示=16日午後、愛知県長久手市

 トヨタ自動車は16日、トヨタ博物館(愛知県長久手市)の開館30周年に合わせて新設した「クルマ文化資料室」を報道陣に公開した。自動車の模型や雑誌を約4千点展示し、車にまつわる歴史を体系的に学べるようにしているという。17日にオープンする。

 目玉は展示室の中央に時系列に並べた約800台のミニチュアカーで、18世紀半ばから現代に至るまで車のデザインの変遷が一目で分かる。車を題材にした切手やポスター、玩具なども用意している。

 資料室は従来の「新館」の2階に設け、建物の名称を「文化館」に変えた。世界の車を展示している「本館」は「クルマ館」とした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459