改元記念の有田焼、生産開始/老舗窯元、梅の花を装飾

2019/04/12 16:04

 

 有田焼の老舗窯元「深川製磁」の改元を記念した盛り皿=12日、佐賀県有田町

 有田焼の老舗窯元「深川製磁」の改元を記念した盛り皿=12日、佐賀県有田町

 佐賀県有田町の老舗窯元の「深川製磁」は12日、改元を記念した盛り皿の生産を始めたと発表した。新元号「令和」に関わりが深い梅の花を装飾しており、有田町で29日に始まる有田陶器市の会場で本格発売する。

 盛り皿の大きさは直径26センチ、高さ5・5センチ。梅の花に加え、平和が広がるようにという願いを込めて扇も描かれている。価格は1万円(税別)。

 深川製磁の本店などで予約販売を既に始めたが、5月5日まで開かれる有田陶器市での販売を見据えて製造数を増やす。

 深川製磁は、皇室の儀式などで使われる食器類を作っている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459