「空飛ぶ車」2千万円台目標に/30年めどに技術者団体

2019/02/18 16:31

 

 技術者団体カーティベーターが開発する空飛ぶ車のイメージ(同団体提供)

 技術者団体カーティベーターが開発する空飛ぶ車のイメージ(同団体提供)

 愛知県豊田市を主な拠点に活動する技術者団体「カーティベーター」の福沢知浩共同代表(31)は18日までに共同通信の取材に応じ、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」を2030年をめどに2千万円台で販売する目標を明らかにした。超高級車程度の価格にして普及を図る。

 大学や研究機関、富裕層など限られた顧客に23年から売る機体は5千万円台を目指す。生産設備などを整え、26年に20〜30キロを飛行できる機体の量産を始める方針だ。

 開発しているのは道路を3輪のタイヤで走行し、向きを変えられるプロペラで垂直に離着陸する陸空両用の機体。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459