秋にエルニーニョ発生確率60%/気象庁調査

2018/09/10 17:55

 

 気象庁は10日、8月に太平洋の海洋変動を監視した調査結果を発表した。エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続いているが、秋にこの状態が続く可能性が40%、エルニーニョ現象が発生する可能性が60%という。

 気象庁によると、太平洋赤道域の海面に温度が比較的高い層があり、東に進むことで東部の温度が上がるとみている。

 エルニーニョ現象は南米ペルー沖の海面水温が平年よりも高い状態が1年程度続く現象で、日本では夏の気温が低く、冬の気温が高くなりやすい。ラニーニャ現象はペルー沖水温が低くなる。いずれも世界的な異常気象を引き起こす一因とされている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459