岩手・岩泉町被災者にまき贈呈/森林組合、冬の必需品

2016/12/26 17:24

 

 葛巻町の森林組合からまきを受け取る、社会福祉協議会の林脇夏奈美さん(左から3人目)ら=26日午後、岩手県岩泉町

 葛巻町の森林組合からまきを受け取る、社会福祉協議会の林脇夏奈美さん(左から3人目)ら=26日午後、岩手県岩泉町

 8月に台風10号が襲った岩手県岩泉町の社会福祉協議会に26日、まき約1トンが届けられた。同町の住民にとってまきは、ストーブの燃料として使う冬の必需品。豪雨で流されてしまった被災者が多いため、隣接する葛巻町の森林組合が贈った。

 町内のグラウンドであった贈呈式には約50人が参加。森林組合の代表からまきを受け取った社協の林脇夏奈美さん(32)は「被災した自宅で暮らす人も多く、冷え込みが激しい地域なので心配だった。支援は大変ありがたい」と話した。

 県によると、岩泉町は森林資源が豊富で、暖を取るためにまきを使用する家庭が多い。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459