入国審査が再び2カ所に、成田/訪日客増で混雑緩和

2015/03/30 20:30

 

 成田空港第2旅客ターミナルで東日本大震災後、訪日外国人の大幅減を受けて1カ所に絞っていた入国審査場を、4月1日から混雑する時間帯に限って2カ所開くことが30日、空港関係者への取材で分かった。近年は訪日客が再び増えたためで、審査待ちの行列が多少緩和しそうだ。

 同ターミナルには審査場が2カ所あり、日によって交代でうち1カ所を開いている。審査場のある一帯は「税関・入国管理・検疫(CIQ)」と呼ばれ、変更は三者の話し合いで決めた。

 関係者によると、2カ所の審査場を開くのは到着便が特に混み合う毎日午後1時ごろ〜午後5時ごろ。混雑状況によって時間を前後する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459