郵便局長が移住者サポート、石川/全国初の協定締結

2015/03/30 10:21

 

 協定を締結後、握手する石川県の谷本正憲知事(左から2人目)と郵便局長ら=30日午前、金沢市

 協定を締結後、握手する石川県の谷本正憲知事(左から2人目)と郵便局長ら=30日午前、金沢市

 石川県と日本郵便は30日、県外から移住してきた人や移住を考えている人のサポート役を郵便局長に担ってもらおうと協定を締結した。県は北陸新幹線の金沢延伸を機に、転入者の増加を狙う。自治体と日本郵便による同様の協定は全国でも例がないという。

 人口定着を図りたい石川県が、地域に根を張る郵便局のネットワークに着目した。能登地方など山村部を中心に、地域のしきたりや環境に溶け込みづらいといった声が移住者から寄せられるため、郵便局長が生活相談に乗ってアドバイスする仕組みをつくる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459