昭恵夫人に大川小保存を訴え/「子どもの思い伝わった」

2015/03/29 19:36

 

 東日本大震災の津波で、大勢の児童・教職員が犠牲となった宮城県石巻市の大川小跡地を訪れ、卒業生の只野哲也君(左)から当時の状況を聞く安倍昭恵首相夫人=29日午後

 東日本大震災の津波で、大勢の児童・教職員が犠牲となった宮城県石巻市の大川小跡地を訪れ、卒業生の只野哲也君(左)から当時の状況を聞く安倍昭恵首相夫人=29日午後

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が死亡、行方不明となった宮城県石巻市立大川小の卒業生3人が29日、被災校舎の保存を訴える手紙を、現地を訪れた安倍昭恵首相夫人に手渡した。卒業生によると、非公開の場で昭恵夫人は手紙を安倍晋三首相にも見せると話し、卒業生らのメッセージを自ら動画で撮影したという。

 夫人は記者団に「子どもたちの思いが伝わった。いろんな意見があると思うが、残した方がいいという意見が多いなら(関係機関は)十分に検討していただきたい」と感想を語った。

 昭恵夫人はこの日、フェイスブックを通じた遺族の呼び掛けに応じ来訪した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459