厚労省、介護「囲い込み」を是正/ケアマネ紹介偏りに報酬減額

2015/03/29 16:52

 

 厚生労働省は2015年度から、介護事業者が利益獲得のために高齢者の意に反してサービスを利用させる「囲い込み」の是正に乗り出す。高齢者の利用計画を作るケアマネジャーが、偏って特定の提供事業所を紹介している場合に介護報酬を減額する。税金や保険料などで賄う介護費用の無駄につながっていると判断した。

 ケアマネの一部で、自ら所属する法人や親密な事業所に誘導し、過剰に利用させるといった悪質例がある。是正策では、紹介サービスの80%超を同一事業所が占める場合、利用1人当たりのケアマネの報酬を月2千円減らす。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459