新生・姫路城、羽ばたく/5年半の修理完了で記念式典

2015/03/26 10:41

 

 「平成の修理」が終わり、記念式典でブルーインパルスの見事な飛行が披露された姫路城大天守=26日午前、兵庫県姫路市

 「平成の修理」が終わり、記念式典でブルーインパルスの見事な飛行が披露された姫路城大天守=26日午前、兵庫県姫路市

 世界遺産・国宝の姫路城大天守(兵庫県姫路市)の5年半にわたる「平成の修理」が終わり、大天守前の三の丸広場で26日、記念式典が開かれた。一般公開は27日から。

 修理は2009年10月から本格的に開始。外壁のしっくいを塗り直し、「白鷺城」の異名を持つ美しい白色が取り戻された。屋根瓦がふき直され、大天守頂上のしゃちほこも新調した。

 修理期間中は、職人の修理の技術をガラス越しに間近で見られる見学施設「天空の白鷺」が人気を集めた。

 式典には青柳正規文化庁長官や井戸敏三兵庫県知事が参列し、航空自衛隊ブルーインパルスが祝賀飛行を披露。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459