育休給付の男性31%増/法改正効果も依然少数

2015/03/23 17:17

 

 育児休業給付を受け取る男性が、2014年4月〜15年1月に4427人に上り、前年同期と比べ31・8%増えたことが23日、厚生労働省の集計で分かった。女性は同5・6%増の22万191人だった。法改正による給付の拡充で、男性の利用が大きく伸びた。ただ人数は依然少なく、女性の約50分の1だった。

 育児休業給付は13年度まで賃金の半分を給付していたが、14年4月からは取得開始後の半年に限り3分の2に引き上げられた。厚労省は「男性の育休を促すには、給付率を上げるだけでは不十分。休みが取りやすい職場環境の整備も必要だ」としている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459