お疲れさま、北斗星/ブルトレ、定期運行に幕

2015/03/13 19:37

 

 大勢の鉄道ファンらに見守られ、JR札幌駅を出発する寝台特急「北斗星」の上り最終列車=13日午後

 大勢の鉄道ファンらに見守られ、JR札幌駅を出発する寝台特急「北斗星」の上り最終列車=13日午後

 JR上野駅を出発する寝台特急「北斗星」の下り最終列車=13日午後7時2分

 JR上野駅を出発する寝台特急「北斗星」の下り最終列車=13日午後7時2分

 現役最後の寝台特急ブルートレインとして知られ、14日のダイヤ改正で定期運行を終える「北斗星」(上野―札幌)の最終列車が13日、JR札幌駅と上野駅をそれぞれ出発した。両駅ホームには大勢の鉄道ファンらが詰めかけ、列車がゆっくり走りだすと「ありがとう」「お疲れさま」と一斉に声が上がった。

 青い塗装のブルトレは1958年に登場。70年代半ばに1日30往復程度が運行したが、新幹線や夜行バスに押されて廃止が進み、これで定期列車はすべて姿を消す。

 北斗星は88年3月、青函トンネル開業に合わせてデビュー。上野―札幌間の約1200キロを結んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459