被災地、まちづくり「若者不足」/復興団体の6割

2015/03/13 17:44

 

 東日本大震災で大きな被害を受けた東北3県で、住民たち自身が復興計画を検討する「まちづくり協議会」など93の民間団体のうち、およそ6割は「運営に携わる若者が少ない」という不安を感じていることが13日、一般財団法人ダイバーシティ研究所(大阪市)と3県の連携復興センターによる調査で分かった。

 復興庁参与も務める同研究所の田村太郎代表は「被災地の復興計画を考える住民団体に、将来的に地域を担う若者の参加が少ないことは大きな課題だ」と話している。

 被災地では、復興事業に住民の意見を反映させるため、さまざまな民間団体が活動。住民の意見を集約し行政に伝えている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459