桜前線、高知と宮崎から/気象会社が予想

2014/01/24 12:07

 

 気象情報会社ウェザーマップ(東京)は24日、九州から関東、北陸にかけての桜(ソメイヨシノ)の開花は平年よりもやや早くなる所が多いとの予想を発表した。最も早いのは高知市と宮崎市の3月18日(満開はそれぞれ25日と27日)。記録的に早い所も多かった昨年と比べると遅い傾向という。

 同社によると、西日本の太平洋側から始まる開花は福岡市で3月20日(満開は28日)など九州各地が続き、桜前線は徐々に北に移動する。

 主な都市の開花日(満開日)は▽名古屋市3月23日(31日)▽東京都心3月24日(4月1日)▽大阪市、広島市3月25日(4月2日)▽金沢市4月2日(7日)。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459