化学と地学で18点差/センター試験の中間平均点

2014/01/22 17:44

 

 大学入試センターは18、19両日に実施したセンター試験平均点の中間集計を22日、発表した。得点調整の対象となる地理歴史のB科目と公民の三つの科目、理科のI科目では、科目間の平均点の差が化学Iと地学Iで18・43あったが、20点未満のため得点調整はない見通し。

 得点調整の有無は24日に正式決定。平均点の最終集計は2月6日に発表する。

 中間集計では、英語筆記(200点満点)が121・63、国語(同)97・60、英語リスニング(50点満点)が33・46だった。

 100点満点の教科では、地理歴史の地理Bが71・49、世界史B70・23、日本史B67・86。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459