若者守る指針作成/ソーシャルメディア浸透で

2013/10/31 05:28

 

 交流サイト「フェイスブック」、短文投稿サイト「ツイッター」などソーシャルメディアの利用者数が急増するのに伴い、若者がトラブルに巻き込まれるケースが増えていることを受け、通信会社や有識者でつくる「安心ネットづくり促進協議会」(会長・堀部政男一橋大名誉教授)が31日までに、注意事項をまとめたガイドライン(指針)を作成した。

 学校や家庭内でのルール作りで参考にしてもらうのが狙い。教育現場からガイドラインを求める声が出ていた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459