要支援事業の市町村移行撤回を/利用者ら、国会で反対集会

2013/10/28 17:19

 

 介護の必要度が低い「要支援1、2」の人向けの介護保険サービス(予防給付)を市町村の事業に移す厚生労働省の改革案に反対する集会が28日、国会内で開かれ、約70人の利用者や事業者が移行の撤回を訴えた。

 要支援2の認定を受けている女性(77)は「週3回のヘルパーが生活の助け。もしなくなってしまったら、今までの生活ができなくなる」と話し、国が事業を継続するよう求めた。要支援1の女性(77)は「経済的な面でどうなってしまうのか」と不満そうだった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459