最高齢ホッキョクグマ死ぬ/上野動物園

2012/02/24 18:02

 

 元気だったころのホッキョクグマの「レイコ」(上野動物園提供)

 元気だったころのホッキョクグマの「レイコ」(上野動物園提供)

 東京・上野動物園は24日、飼育していたホッキョクグマの雌の「レイコ」が死んだと発表した。園によると28歳2カ月で、国内最高齢。人間の80代に相当するという。

 1983年にロシアのレニングラード動物園で生まれたレイコは、ドイツのルーエ動物園で飼育された後、84年に上野動物園に来園。

 夏に氷に入った餌をプレゼントされ、食べる姿などが来園者に人気だった。最近は体調が安定せず、食欲もなくなっていたといい、24日朝にレイコが死んでいるのを飼育担当者が確認した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459