J1仙台タイの震災支援に恩返し/バンコクで親善試合

2012/02/18 20:06

 

 タイのプロサッカーチームとの親善試合で、攻めこむJ1仙台の赤嶺=18日、バンコク(共同)

 タイのプロサッカーチームとの親善試合で、攻めこむJ1仙台の赤嶺=18日、バンコク(共同)

 【バンコク共同】東日本大震災で被災したサッカーJ1の仙台が18日、震災でタイから受けた支援に試合で恩返ししようと、バンコクでタイのプロサッカーチームと親善試合を行った。

 手倉森誠監督は17日の会見で「タイの政府、サッカー協会、リーグの方々から多大な支援をいただき、ありがとうございました」と謝意を表明、「日本の元気を示すためには、われわれがまず頑張ることだ」と意欲を語った。

 震災の際、在タイ日本大使館が受け取った義援金だけでも4億7千万バーツ(約12億1千万円)に上ったほか、医療チームが2度にわたって福島県の被災地などに派遣された。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459