C61、黒煙上げ房総半島を快走/内房線開業100周年

2012/02/10 18:11

 

 沿線住民らに見送られ、JR内房線を快走するC61形蒸気機関車=10日午後、千葉県市原市

 沿線住民らに見送られ、JR内房線を快走するC61形蒸気機関車=10日午後、千葉県市原市

 千葉県の房総半島を走るJR内房線の開業100年を記念し、蒸気機関車C61形20号機が10日、同線を走った。沿線には住民や鉄道ファンが詰め掛け、晴れ渡った青空の下で黒煙を上げ、汽笛を鳴らしながら快走するSLの姿を楽しんだ。

 C61は7両の客車を引いて、京葉線の千葉みなと駅(千葉市)を同日午後1時ごろ出発。内房線に入り、木更津駅(木更津市)まで約35キロを時速約60キロで走った。家族4人で乗車した千葉県袖ケ浦市の多田琥珀君(6)は「ライトや煙がかっこいい」と興奮した様子。

 JR東日本によると、12日までの3日間、1日1往復運行する。指定席券はすでに完売。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459